ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より”ビドロ”

組曲「展覧会の絵」はムソルグスキーが1874年に作曲したピアノ組曲です。その後1922年、ラヴェルが、管弦楽へと編曲をし、その華麗な管弦楽のアレンジによって一挙にムソルグスキーの「展覧会の絵」は世界的に有名になりました。

この曲はムソルグスキーが友人の遺作展で見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたものですが、ムソルグスキーの作品の中でももっとも知られた作品の一つです。

4曲目の「ビドロ(牛車)」では、地平線のかなたから山のような枯れ草を積んだ牛車が近づいて来て、遠ざかる様を描いています。ラヴェルの指定ではテューバとなっていますが、高音域が続くこのソロのみ、ユーフォニアムで演奏されることも多くあります。

ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より「ビドロ」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ムソルグスキー:展覧会の絵/禿山の一夜、他
ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
テューバの名曲ベスト
ユーフォニアムの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。