マーラーの名曲ベスト

グスタフ・マーラー
Gustav Mahler(1860- 1911)
マーラー

交響曲第1番ニ長調「巨人」

交響曲第1番ニ長調「巨人」は、グスタフ・マーラーが作曲した最初の交響曲です。マーラーの交響曲のなかでは、演奏時間が比較的短いこと、声楽を伴わないこと、曲想が若々しく親しみやすいことなどから、演奏の機会や録音がもっとも多い曲です。


交響曲第5番より”第1楽章”

「第1楽章」は葬送行進曲で、トランペット1本のみで始まる不吉なファンファーレが、重々しい葬送行進曲の開始を告げます。「第1楽章」にはトランペットのファンファーレが3度現れ、最後にトランペットと大太鼓が残って静かに終わります。


交響曲第5番より「第4楽章」”愛の楽章”

マーラーの交響曲のなかで最も人気が高い作品です。第4楽章アダージェット(非常に遅く)はハープと弦楽器のみで演奏される、静かな落ち着きに満ちた美しい楽章であることから、別名「愛の楽章」とも呼ばれ、しばしば単独でも演奏されます。


さすらう若人の歌

「さすらう若人の歌」はマーラー初期の歌曲集で、統一のテーマによって作曲された最初の連作歌曲集です。曲は4曲からなり、マーラーの最も有名な作品の一つとなっています。







コメントは受け付けていません。