ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付」

交響曲第9番「合唱付」は、ベートーヴェンの最高傑作の一つです。オーケストラと合唱という大規模な編成に加えて、それ以前の交響曲の常識を打ち破った大胆な要素を多く持ち、後に続く交響曲の作曲家たちに多大な影響を与えました。

この交響曲の作曲が終わった1824年、ベートーヴェンは以前からの、耳の不自由に加えて眼病にもかかってしまいます。そして耳は全く耳の聞こえない状態でした。ベートーヴェンの病との闘い、これがベートーヴェンの音楽を特別なものにしています。

日本では特に「第九」の愛称で親しまれ、年末になると日本全国のいたるところで演奏されます。一年の締めくくりに聴いて感動する「歓喜の歌」です。

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ベートーヴェン:交響曲第9番
クラウディオ・アバド指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

😀 JAZZで聴くベートーヴェン
JAZZで聴く ベートーヴェン
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




コメントは受け付けていません。