トロンボーンの名曲ベスト

トロンボーン

リムスキー=コルサコフ:トロンボーンと吹奏楽のための協奏曲

ウィンドオーケストラの定番曲の一つになっているコンチェルトです。協奏曲としての風格と魅力を満たしていて、現在でも愛奏され続けています。全3楽章からなりますが、楽譜に終止線がなく短いため、単楽章と見ることも多いようです。


吉松 隆:トロンボーン協奏曲「オリオンマシーン」

1993年に作曲されたトロンボーンの協奏曲です。ロックやジャズのテイストもまじえたスタイリッシュでカッコイイ曲です。冒頭は、鉄腕アトムのオープニングを思い出してニヤニヤしてしまう人も。


ウィルソン:76本のトロンボーン

「76本のトロンボーン」は、メレディス・ウィルソンのミュージカル「ミュージック・マン」に使用されている行進曲です。この曲にはスーザの「星条旗よ永遠なれ」や「ワシントン・ポスト」、バグリーの「国民の象徴」などの有名な行進曲がパロディ風に入っています。


ラヴェル:ボレロ

オーケストラで使われる楽器が、同一のリズムが保持されるなかで次々とソロを披露していく、という特徴的な構成で、現代でもバレエの世界に留まらず広く愛される音楽の一つです。当然ながら、トロンボーンにもソロが与えられています。


ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」より「ワルキューレの騎行」

「ワルキューレ」は楽劇「ニーベルングの指環」四部作の中の楽劇です。この「ワルキューレの騎行」は映画などでも使われたりした、かなり有名な曲ですので、どなたも一度は聞いたことがあるでしょう。終曲近くでのトロンボーン、トランペット、ホルンのボリュームたっぷりの壮大なメロディは聴く者を圧倒します。




 

コメントは受け付けていません。