ビゼー:組曲「アルルの女」より”前奏曲”、”間奏曲”

組曲「アルルの女」はビゼーが1872年に作曲した、劇附随音楽「アルルの女」(全27曲)から8曲を選んで演奏会用の組曲にしたものです。

全体的にプロヴァンス地方に伝わるメロディが用いられ、民族的で牧歌的な雰囲気が漂い、ビゼーのわかりやすく美しい旋律に満ちた傑作ぞろいです。そして、その中にはアルト・サクソフォンが効果的に使われているのが大きな特徴です。

第1組曲の「前奏曲」の中間部分では甘い雰囲気をだすのに非常に効果的に使われています。また、第2組曲の「間奏曲」では重々しい前奏に続いてアルト・サクソフォンがメランコリックなメロディを優しく歌います。

ビゼー:組曲「アルルの女」より「前奏曲」

ビゼー:組曲「アルルの女」より「間奏曲」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ビゼー:<アルルの女><カルメン>組曲
シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団


😯 関連リンク
サクソフォンの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。