ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より“古城”

組曲「展覧会の絵」はムソルグスキーが1874年に作曲したピアノ組曲です。その後の1922年、ラヴェルが、管弦楽へと編曲をし、その華麗な管弦楽のアレンジによって一挙にムソルグスキーの「展覧会の絵」は世界的に有名になりました。

「展覧会の絵」はムソルグスキーが友人の遺作展を歩きながら、そこで見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたものですが、2曲目の「古城」では古城の前で吟遊詩人が歌う絵の印象を、アルト・サクソフォンが感傷的に歌い上げます。

ムソルグスキー:「展覧会の絵」より“古城”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ムソルグスキー:展覧会の絵/禿山の一夜、他
ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
サクソフォンの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。