ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番 ヘ短調、第2番 ホ長調

ブラームスのヴィオラ・ソナタはもともとはクラリネットのために書かれましたが、現在ではむしろヴィオラで演奏されることのほうが多い作品です。ロマン派の時代には、ヴィオラは独奏楽器として扱われなかったこともあり、ヴィオラ・ソナタや独奏曲はあまり残されていません。残された曲のうちでは、このブラームスの2曲のヴィオラ・ソナタが有名であり今日もよく演奏されます。

ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番 ヘ短調 作品120-1

ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第2番 ホ長調 作品120-2


AmazonでCDを見る
ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番 ヘ短調 作品120-1

Amazonで楽譜を見る


AmazonでCDを見る
ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第2番 ホ長調 作品120-2

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ブラームス:ヴィオラ・ソナタ集
ユーリ・バシュメト(ヴィオラ)


😯 関連リンク
ヴィオラの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。