チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲

チャイコフスキーが作曲した2曲のチェロと管弦楽のための作品のうちの1曲で、チャイコフスキーが友人のチェリスト W. フィッツェンハーゲン(モスクワ音楽院教授)のために1877年に作曲したものです。

音楽史上数少ないチェロと管弦楽のための名作の一つで、通常はチェロ協奏曲と呼ばれる編成なのですが、一楽章しかないため「チェロ協奏曲」とは呼ばれていません。

しかしながら、チェロと管弦楽のための作品としてはドヴォルザークのチェロ協奏曲に次いで演奏の機会が多く、チャイコフスキー国際コンクールチェロ部門の課題曲としても用いられています。

チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲
ミッシャ・マイスキー(チェロ)


😯 関連リンク
チェロの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。