サン=サーンス:オーボエ・ソナタ 作品166

オーボエ・ソナタ作品166は、サン=サーンスが亡くなる1921年、86歳の時に作曲したオーボエとピアノのためのソナタです。同じ時期にクラリネット・ソナタとファゴット・ソナタも作曲しています。

この可憐で軽快なオーボエ・ソナタ。ユーモラスな中にもロマンティックなバスーン・ソナタ。華やかで流麗なクラリネット・ソナタ。この3曲はサン=サーンスの「白鳥の歌」とも呼ばれます。

どれも熟練した楽器の扱いが見られ、清澄な響きと簡潔な表現が特徴的な名作で、それぞれの楽器の重要なレパートリーとなっています。どれも演奏時間十数分の短いソナタで簡潔で無駄のない名曲です。

サン=サーンス:オーボエ・ソナタ 作品166

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モルソー・ドゥ・サロン-オーボエ有名ソナタ集-
広田智之(オーボエ)


😯 関連リンク
オーボエの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。