フルートの名曲ベスト

フルートを吹く女性

ドップラー:ハンガリー田園幻想曲

フランツ・ドップラーが作曲したフルートと管弦楽のための作品で、世界中でフルートの名曲として知られています。冒頭の部分が哀愁をたたえた、どこか東洋的な情緒を漂わせるため、それが日本人の好みにあっているようです。


グルック:精霊の踊り

グルックの代表的オペラ「オルフェオとエウリディーチェ」の中のバレエ曲です。オペラの第2幕第2場で天国の野原で精霊たちが踊る場面で演奏される「精霊の踊り」だけはフルートを吹く人でなくとも知っている人が多い作品です。


ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

フランスの作曲家ドビュッシーが1894年に完成した管弦楽作品です。ドビュッシーが敬慕していた詩人マラルメの「牧神(半獣神)の午後」という詩に感銘し書かれました。牧神の象徴である「パンの笛」をイメージする楽器としてフルートが重要な役割を担っています。


ドビュッシー:シランクス

ドビュッシーが1913年に作曲した無伴奏のフルート作品です。フルート1本だけで演奏される3分ほどの短い曲ですが、1本の楽器だけで奏でられているとはとても信じられないような、ダイナミックスと音色の変化に驚かされます。


ビゼー:組曲「アルルの女」よりメヌエット

組曲「アルルの女」はどの曲もビゼーのわかりやすく美しい旋律に満ちた傑作ぞろいですが、この中でも「メヌエット」は、「アルルの女」といえばこの曲と連想されるほど特に有名な曲で、ハープの伴奏に乗ってフルートの美しいメロディが展開されます。


シューベルト:「しぼめる花」の主題による序奏と変奏曲

シューベルトの連作歌曲集「美しき水車小屋の娘」の中より「しぼめる花」のメロディを主題として、翌年に自らフルートとピアノのための変奏曲としたものです。哀愁と儚さがただよう主題は、絶望感を感じさせることなく美しい変奏で表現されています。


プーランク:フルート・ソナタ

プーランク晩年の1957年に完成された、プーランクの代表作のひとつであり、20世紀のフルート・ソナタとしては最高傑作と評される作品です。演奏時間は12分ほどの曲ですが、短い中に言葉に尽くせないほど繊細な情感が込められている作品です。


J.S.バッハ:「管弦楽組曲第2番」BWV1067よりバディネリ

この「管弦楽組曲第2番」はフルートがソロ的に活躍するフルート協奏曲のような雰囲気のある曲です。特に第7曲の「バディネリ」は冗談や遊びおどけなどを意味しますが、弦楽器のスタッカートの伴奏の上に、フルートが軽快に飛び回るような、フルート奏者の腕の見せどころとなる名曲です。


J.S.バッハ:「管弦楽組曲第2番」 BWV1067より”ポロネーズ”

「管弦楽組曲第2番」はフルートがソロ的に活躍するフルート協奏曲のような雰囲気のある曲です。中でも第5曲のポロネーズが特に有名で、華麗に動くフルートが絶品です。


J.S.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030

フラウト・トラヴェルソ(フルート)とオブリガートチェンバロのためのソナタ。J.S.バッハの7曲あるフルート・ソナタの中でもとりわけ傑作とされている作品で、古今のあらゆるフルート曲の中でも最高峰と見られる名曲中の名曲です。


J.S.バッハ:シチリアーノ

この曲の原題はフルートとチェンバロのためのソナタ第2番変ホ長調BWV.1031 より第2楽章 です。このバッハの作とされるシチリアーノはゆったりと流れるメロディの美しさから、フルートの名曲として愛されています。


モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299

フルートとハープという音色のかけ離れた楽器の組み合わせも前例がなく、またハープ協奏曲の名作が数少ないこともあり、しばしばハープ奏者の力量を証明するためにも演奏されることが多い曲です。


フォーレ:シシリエンヌ 作品78

フォーレが1897年にチェロとピアノのために書いた作品で、翌年には組曲「ペレアスとメリザンド」の一部として管弦楽曲に編曲されてもいます。シシリエンヌはそのメロディの美しさから、さまざまな楽器に編曲されていますが、チェロ以外ではフルートとピアノの組み合わせでよく演奏されます。


テレマン:無伴奏フルートのための12の幻想曲

作品は技巧的な要素を含みながらもあまり難度は高くなく、当時のアマチュアでも十分に奏することが可能な作品でした。近年、オーボエ奏者のハインツ・ホリガーはこの作品をオーボエによって演奏し一世を風靡しました。




コメントは受け付けていません。