チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ

「アンダンテ・カンタービレ」はチャイコフスキーが作曲した弦楽四重奏曲第1番ニ長調作品11の2楽章に付けられた愛称です。このノスタルジックな郷愁にあふれるチャイコフスキーの美しい旋律は、古今の弦楽四重奏曲の中でも名曲として愛されています。

この有名な第2楽章の冒頭の有名な旋律は、チャイコフスキーがウクライナで聴いた民謡に題材を得ているといわれます。第2楽章の以外にも美しい旋律が多く、またチャイコフスキーらしい情熱的な展開が魅力的な作品です。

チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」、他
スメタナ四重奏団

JAZZで聴く チャイコフスキー
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
ヴァイオリンの名曲ベスト
弦楽四重奏の名曲ベスト




コメントは受け付けていません。