J.S.バッハ: シャコンヌ

J.S.バッハの作曲した無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-1006は、3曲のソナタと3曲のパルティータの合計6曲からなるヴァイオリン独奏曲の名曲です。その中でもパルティータの第2番の5曲目の特に人気の高い曲です。

ヴァイオリンの特性を踏まえた様々な技巧をちりばめながらも、同時に深い精神性、崇高さをも兼ね備えているヴァイオリン独奏の楽曲として古今の名作の一つに必ず数えられる曲です。

J.S.バッハ: シャコンヌ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
シャコンヌ
川畠成道(ヴァイオリン)


😯 関連リンク
ヴァイオリンの名曲ベスト
気軽に聴こう・ソロ&室内楽ベスト30







コメントは受け付けていません。