チャイコフスキー:感傷的なワルツ

「感傷的なワルツ」はチャイコフスキーのピアノ曲「6つの小品」作品51の第6曲目です。

「6つの小品」作品51は1882年、42歳のチャイコフスキーが妹アレクサンドラの住むキエフ郊外のカメンカ村で書いた作品。作曲家ボリス・アサーフィエフからは、これらの小品を「真の慈悲深さがあり、人の心を暖める」と評されています。

特に第6曲目の感傷的なワルツは、聴き手の心に率直に語りかけてくる親密さと、チャイコフスキー特有の、憂鬱な響きに際立った美しさがあり、チェロやヴァイオリン用にも編曲され広く愛好されています。

😀 オススメCD
オブリヴィオン 辻本玲 チェロ小品集

😀 楽譜はこちら
2つの感傷的な小品: チャイコフスキーの「感傷的なワルツ」、ラフマニノフの「ヴォカリース」/シャーマー社/ピアノ伴奏付バイオリン・ソロ用編曲楽譜







コメントは受け付けていません。