ドヴォルザーク:ロマンス ヘ短調 Op.11

1879年に出版された、ヴァイオリンと管弦楽のための単一楽章の作品です。この曲は、当時、プラハ歌劇場管弦楽団のコンサートマスターだったヨゼフ・マルクスの依頼で作曲されました。

曲は自身が1873年に作曲した弦楽四重奏曲 第5番 ヘ短調の第2楽章の出だしの部分を使って作曲されています。

チェロのピツィカートに乗ってシンプルな旋律が奏され、憧れに満ちた部分に繋がり、情熱的なパッセージが導き出されていきます。ヴァイオリンと管弦楽の他、ヴァイオリンとピアノ、フルートとピアノ版などが出版されています。

ドヴォルザーク:ロマンス ヘ短調 Op.11

😀 楽譜はこちら
ドヴォルジャーク : ロマンス ヘ短調 Op.11/インターナショナル・ミュージック社/ピアノ伴奏付バイオリン・ソロ楽譜

😀 オススメCD
ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ/ドヴォルザーク:ロマンス ヘ短調 Op.11 他







コメントは受け付けていません。