ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲 ホ短調 RV484

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678~1741)は生涯に2曲の断片を含む39曲のファゴット協奏曲(RV466~504)を作曲しています。

なぜ、これほど多くのファゴット協奏曲が書かれたのかといいますと、モルツィン侯爵に献呈されたト短調RV496など一部の曲を除けば、ヴィヴァルディがヴェネツィア・ピエタ慈善院付属音楽院の女性合奏団の協奏曲長だったので、その学生のために作曲されたと考えられています。

哀愁のある、いかにもバロック音楽らしい曲想もつファゴット協奏曲 ホ短調 RV 484は39曲のファゴット協奏曲の中でも一番人気のある作品です。

ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲 ホ短調 RV484

😀 オススメCD
ヴィヴァルディ協奏曲全集シリーズ ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲全集 第1集







コメントは受け付けていません。