フォーレ:舟歌 第2番 ト長調 Op.41

舟歌は、ヴェネツィアのゴンドラ漕ぎの歌に由来する曲で、多くは6/8拍子や12/8拍子で、優しくゆったりとしたリズムの上にメロディが乗せられています。

近代フランスの作曲家ガブリエル・フォーレの舟歌は、1845年~1924年に作曲された全13曲のピアノ曲があり、一番よく知られているのがこの第2番 ト長調です。

フランスの哲学者ジャンケレヴィッチは、この舟歌を「春の朝のように、新鮮で、若々しく、明るい曲」と言っています。フォーレの舟歌の中では華やかで外向的な表現が顕著であり、リスト的と評されることもあります。

この他、有名な舟歌には、ショパン、メンデルスゾーン、チャイコフスキー、ラフマニノフの作品があります。

フォーレ:舟歌 第2番 ト長調 Op.41

😀 楽譜はこちら
フォーレ: 舟歌集/原典版/Grabowski編/ベーレンライター社/ピアノ・ソロ

😀 オススメCD
フォーレ:舟歌、即興曲、無言歌、「ドリー」組曲 他







コメントは受け付けていません。