ビゼー:歌劇「カルメン」より“間奏曲”

歌劇「カルメン」は世界的にも1、2を争う人気のオペラですが、日本でも、最もポピュラーなオペラ作品の一つとして親しまれています。

音楽もスペインのフラメンコ風で、親しみやすいメロディが豊富なことが特徴です。中でも「前奏曲」、「間奏曲」、「ハバネラ」、「闘牛士の歌」、「花の歌」など、これほどひんぱんにコンサートや録音で演奏されるオペラは他にはないかもしれません。

歌劇「カルメン」はセビリアを舞台にしたタバコ工場で働くジプシーの女「カルメン」の恋物語です。この「間奏曲」は「第3幕への間奏曲」のことですが、特に名前がなく単に「間奏曲」と言われています。

心が癒されるようなフルート・ソロのゆったりとしたメロディが美しい曲ですが、オペラでは、夜の山の風景を描写し、実はそこには山賊が居るという「裏」のある曲です。

ビゼー:歌劇「カルメン」より“間奏曲”

😀 楽譜はこちら
インテルメッツォ~歌劇「カルメン」第3幕より間奏曲~ フルートとピアノ伴奏/ビゼー(Bizet) (LWP21)[クリエイターズ スコア] (Creator´s Score)

😀 オススメCD
ビゼー : 「カルメン」「アルルの







コメントは受け付けていません。