トランペットの名曲ベスト

トランペット

ハイドン:トランペット協奏曲 変ホ長調

「交響曲の父」として知られるハイドンが友人アントン・ヴァイディンガーのために作曲した作品です。ハイドンのこの曲はバルブトランペットの特性を活かして半音階のフレーズや、自由な転調を駆使して書かれています。フンメルの協奏曲とともに古典派を代表するトランペット協奏曲です。


フンメル:トランペット協奏曲 ホ長調

フンメルの代表作がこのトランペット協奏曲です。トランペット協奏曲の中では,ハイドンのトランペット協奏曲と並んで有名な曲となっています。ハイドンのトランペット協奏曲と同じく、バルブトランペットの発明者、ヴァイディンガーのために作曲されました。


クラーク:トランペット・ヴォランタリー

クラークはイギリスの作曲家、オルガニスト。クラークの最も有名な作品が「トランペット・ヴォランタリー」です。「ヴォランタリー」とは、教会の礼拝前後とその合間に演奏されるオルガンの曲のことです。結婚式の退場の際に用いられることもあります。


トマジ:トランペット協奏曲

トランペット協奏曲はトマジの代表作で、20世紀のトランペット協奏曲を代表する名曲として多くのトランペット奏者が演奏する曲です。コンクールの課題曲としてもしばしばとりあげられています。


アルチュニアン:トランペット協奏曲

この曲の人気の秘密は華やかさにあります。ジプシー的でロシア的なアルメニアの民族に根ざし、旋律は非常に気高く、簡素でありつつも魅力に溢れたもので、併せて急速なタンギングなどもふんだんにあり、聴く人を魅了させます。演奏時間は約14分。


J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調

バロック協奏曲の総決算とも呼ばれる、バッハの代表的な器楽作品です。トランペット、リコーダー、オーボエ、ヴァイオリンの4つの高音楽器がソロをになう華やかな曲です。バロック・トランペット特有の輝かしい響きを堪能することができます。


ルロイ・アンダーソン:トランペット吹きの休日

この曲はオーケストラのアンコールピースとして書かれた作品ですが、これほどトランペット奏者に親しまれている曲はないといっていいほど有名な曲です。3本の独奏トランペットのためのファンファーレの音型を使った軽快で親しみやすい曲で、運動会の定番BGMの一つにもなっています。


ルロイ・アンダーソン:トランペット吹きの子守歌

曲はゆりかごを思わせるような伴奏に乗ってトランペットが優しくゆったりとしたメロディを歌います。スコットランドの民謡などに見られるヨナ抜き音階に似た民謡音階が一部使用されているのも特徴です。演奏時間は約3分。


リムスキー・コルサコフ:シェラザード

チャイコフスキーをはじめとするロシアの作曲家達は、こぞって金管楽器に華やかな旋律を効果的に取り入れていますが、この「シェラザード」はそうした作品の中でも、トランペットの活躍が素晴らしい曲です。特にフィナーレでは超絶的なテクニックが必要とされます。


マーラー:交響曲第5番より”第1楽章”

「第1楽章」は葬送行進曲で、トランペット1本のみで始まる不吉なファンファーレが、重々しい葬送行進曲の開始を告げます。「第1楽章」にはトランペットのファンファーレが3度現れ、最後にトランペットと大太鼓が残って静かに終わります。


スッペ:喜歌劇「軽騎兵」序曲

冒頭のトランペットによるファンファーレが特に有名なこの喜歌劇「軽騎兵」序曲は、1866年に作曲、初演された2幕のオペレッタで、18世紀中頃の南ドイツを舞台に、華やかな軍人生活が描かれています。


ヴェルディ:歌劇 「アイーダ」より”凱旋行進曲”

「アイーダ」は大規模な編成の作品で、バレエ・合唱なども含めて登場人数は数百人に上ることもあります。オーケストラも、舞台上と地下にバンダが入り、また「アイーダ・トランペット」といわれる管の長い独自のトランペットが使われています。


ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より”プロムナード”

組曲「展覧会の絵」はムソルグスキーが1874年に作曲したピアノ組曲です。その後1922年、ラヴェルが管弦楽へと編曲をし、その華麗な管弦楽のアレンジによって一挙にムソルグスキーの「展覧会の絵」は世界的に有名になりました。


ディニーク:ホラ・スタッカート

この「ホラ・スタッカート」はヴィルトゥオーソ的なヴァイオリンの小品として今日頻繁に演奏される曲です。トランペットとピアノ、ヴァイオリンとオーケストラにも編曲されています。




コメントは受け付けていません。