ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

アメリカの作曲家ガーシュウィンが作曲したピアノとオーケストラのための作品です。ピアノ独奏が入るため、ピアノ協奏曲風な雰囲気もあります。ヨーロッパのクラシック音楽とアメリカのジャズを融合させたシンフォニックジャズとして高く評価されています。

タイトルの「ブルー」とは、ジャズのブルースの語源となった「憂鬱」とか「陰気」を意味します。クラリネットのグリッサンド(低音から高音へ音程をわざとずらしながら、かけ上がる奏法)で始まるこの曲は、この冒頭で聴衆をとりこにします。

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ガーシュウィン:パリのアメリカ人
シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団


😯 関連リンク
クラリネットの名曲ベスト
近代・現代のクラシック名曲ベスト







コメントは受け付けていません。