モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622

モーツァルトが1791年に作曲した唯一のクラリネット協奏曲で、最後の協奏曲です。2006年イギリスのクラシックFM局のモーツァルトの人気曲の第1位になり、モーツァルトの全作品中の最高傑作と評判になりました。中でも第2楽章は、この上ないやすらぎと穏やかさに満ちていて、たとえようもなく美しい楽章です。

クラリネットは低、中、高それぞれの音域に応じて音色が変わり、表現に幅と奥行きを持たせることができる点に魅力があります。当時まだ新参の楽器であったクラリネットのこうした特性をモーツァルトはすでによく捉えており、とくに最低音近くの音域を十分に鳴り響かせ、高音域との対照効果を巧みに引き出しています。

モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:クラリネット協奏曲 他
ザビーネ・マイヤー(クラリネット)


😯 関連リンク
クラリネットの名曲ベスト
2倍楽しめる・協奏曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。