ヘンデル:シャコンヌ ト長調 HWV 435

ヘンデルは、バッハとほぼ同じ時期に活躍したバロック期を代表する音楽家です。 バッハは「音楽の父」といわれますが、ヘンデルは「音楽の母」とも呼ばれています。

「シャコンヌ ト長調」はクラヴサン組曲の中の曲で1730年代に作曲されました。クラヴサンというのはイタリア語でいうチェンバロのことです。イギリス名ではハープシコード、フランスではクラヴサンとその呼び名が変わります。

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種です。ヘンデルのシャコンヌは壮麗なテーマに基づく21の変奏で構成されていて、ピアノやギターでもよく弾かれます。

ヘンデル:シャコンヌ ト長調(ピアノ)

ヘンデル:シャコンヌ ト長調(チェンバロ)

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
パッサカリア~チェンバロ・ベスト・アルバム~


😯 関連リンク
チェンバロの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。