J.S.バッハ:フランス組曲第6番 ホ長調 BWV817

フランス組曲BWV812-817は鍵盤楽器のための6つの組曲です。ケーテンで過ごした1722年頃に作曲されました。

6つの組曲には共通の「アルマンド」(ドイツの舞曲)、「クーラント」(フランスの舞曲)、「サラバンド」(スペインの舞曲)、「ジーグ」(イギリスの舞曲)の舞曲が配列されています。

第6番BWV817は第5番BWV816と並んで広く知られています。アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォット、ポロネーズ、ブーレ、メヌエット、ジーグの8曲からなっている規模の大きい明るい曲です。

演奏は技術的にも比較的容易で、ピアノ学習者にとってのレパートリーの一つになっています。同じバッハのイギリス組曲が、短調で演奏も技術が求められるとは好対称をなしています。

J.S.バッハ:フランス組曲第6番(ピアノ)

J.S.バッハ:フランス組曲第6番(チェンバロ)

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
J.S.バッハ:フランス組曲(全曲)(期間生産限定盤)


😯 関連リンク
チェンバロの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。