J.S.バッハ:パルティータ第6番 ホ短調BWV830

パルティータ第6番は6つのパルティータ(BWV825-830)の第6曲。6つのパルティータは「クラヴィーア練習曲集」という鍵盤楽曲集シリーズとして出版された組曲集です。

バッハの一連のクラヴィーア組曲集の集大成にあたり、「平均律クラヴィーア曲集第2巻」や「ゴルトベルク変奏曲」などと並んでクラヴィーア組曲の最高峰と評価されています。

「パルティータ第6番」はトッカータ、アルマンド、コレンテ、エアー、サラバンド、テンポ・ディ・ガヴォッタ、ジーグの7楽章からなっています。長大なフーガを含むトッカータから、厳格な対位法によるジーグまで劇的な緊張感が漂う作品です。

J.S.バッハ:パルティータ第6番(ピアノ)

J.S.バッハ:パルティータ第6番(チェンバロ)

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
バッハ:パルティータ 全6曲


😯 関連リンク
チェンバロの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。