シューマン:フモレスケ 変ロ長調

フモレスケは1838年から1839年にかけてのウィーン滞在中に書かれました。同時期に作曲された曲としては「アラベスク」や「花の曲」があります。

「フモレスケ」とはフランス語の「ユーモレスク」のドイツ語読みで、「気まぐれな、陽気でユーモアに富んだ小品」という意。

曲は大きくは5つの部分にわかれていますが切れ目なく演奏されます。様々なモチーフが散りばめられていて、万華鏡のように変化に富んだ作品になっています。

シューマン:フモレスケ

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


シューマン:フモレスケ、子供の情景、クライスレリアーナ







コメントは受け付けていません。