ドビュッシー:「ピアノのために」より”プレリュード”

ドビュッシー:「ピアノために」より”プレリュード”
「ピアノために」は3曲からなる組曲で、ドビュッシーの中期のピアノ作品として演奏されることが多い曲です。第1曲プレリュード、第2曲サラバンド、第3曲トッカータ。3曲で約12分。

第1曲のプレリュードは、非常に激しい部分と、静かにレガートで歌う部分の2つの部分によって構成されています。グリッサンドなどを使用した軽快な運動感と色彩感が印象的な曲で、演奏効果が高く非常に豪華に聴こえる曲です。演奏時間約4分。

ドビュッシー:「ピアノために」より”プレリュード”

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
ドビュッシー:ピアノ作品全集







コメントは受け付けていません。