J.S.バッハ:パルティータ第1番 変ロ長調 BWV825

パルティータ第1番は6つのパルティータ(BWV825-830)の第1曲。6つのパルティータは「クラヴィーア練習曲集」という鍵盤楽曲集シリーズとして出版された組曲集。

「パルティータ第1番」は1726年秋にかつての主人ケーテン侯レオポルトの嫡子誕生を祝い、自作の頌歌を添えて贈った作品です。

6曲のパルティータのなかでは最も典型的な舞踏組曲の形になっている。プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエットI、メヌエットII、ジーグの7楽章よりなる。

J.S.バッハ:パルティータ第1番

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
バッハ:パルティータ 全6曲


😯 関連リンク
チェンバロの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。