チャイコフスキー:ロマンス ヘ短調 作品5

チャイコフスキーは1867年(27才)から1872年(33才)にかけて、多くのピアノの小品を次々に作曲しています。どの作品も叙情性があふれ出すような曲ばかりですが、その中の一曲がこの「ロマンス ヘ短調 作品5」です。

1868年に作曲され、チャイコフスキーが想いをよせていたメゾ・ソプラノ歌手デジレー・アルトーに献呈されています。

アンダンテ・カンタービレで歌われる悩ましげな旋律は、彼女を求めてやまないチャイコフスキーの熱い想いが感じられます。演奏時間は約5分。

チャイコフスキー:ロマンス ヘ短調 作品5

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
チャイコフスキー:ロマンス ヘ短調op.5、2つの小品op.10







コメントは受け付けていません。