ホルンの名曲ベスト

ホルン

モーツァルト:ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K.412

モーツァルトは生涯に4曲のホルン協奏曲を書き残していまが、4曲ともホルン奏者にとってはかけがえのない曲になっています。このホルン協奏曲第1番はホルン協奏曲第3番とともに大変人気があり、小学校の音楽鑑賞教材にもなっています。


モーツァルト:ホルン協奏曲第2番 変ホ長調 K.417

モーツァルトは生涯に4曲のホルン協奏曲を書き残していますが、4曲ともホルン奏者にとってはかけがえのない曲になっています。この第2番のモーツァルトの自筆譜面には「ろば(とんま)で牡牛(まぬけ)の馬鹿のロイトゲープを憐れんで」の書き込みがあるそうです。


モーツァルト:ホルン協奏曲第3番 変ホ長調 K.447

モーツァルトは生涯に4曲のホルン協奏曲を書き残しています。この4曲はすべて彼の年上の友人であるロイドゲープのために作曲しています。その中でもこの3番変ホ長調K.447が、最もポピュラーで、古今東西のホルン協奏曲の中でも最高傑作とも言われています。4曲ともホルン奏者にとってはかけがえのない曲になっています。


モーツァルト:ホルン協奏曲第4番 変ホ長調 K.495

ホルン協奏曲第4番はホルン協奏曲の最後の作品として、1786年、「フィガロの結婚」の2ヵ月後に作曲されました。4曲の中でも一番堂々とした協奏曲で、半音奏法を中心に、当時のホルンとしてはかなり高度な演奏巧技が要求される曲となっています。


リヒャルト・シュトラウス:ホルン協奏曲第1番

リヒャルト・シュトラウスのお父さんは名ホルン奏者だったそうで、その影響もあり若い頃から、ホルンを用いた作品をいくつか残しています。協奏曲は2曲ありますが、その第1番は古今のホルン協奏曲の中でも、モーツァルトに次いで演奏頻度の高い曲の一つです。全体に爽快感があり自然の雄大さを思わせる名曲です。


 シューマン:4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュテュック

この作品は、シューマンが1849年に作曲した楽曲で、協奏曲に分類されます。「コンツェルトシュテュック」とは日本語では「小協奏曲」と訳されています。この作品は、ロマン派の時代に作曲された管楽器の協奏曲の数少ない名曲とされています。


ブラームス:ホルン三重奏曲 変ホ長調 作品40

この作品は、ブラームスが作曲した室内楽曲で、ホルン、ピアノ、ヴァイオリンのための三重奏曲です。第3楽章は、作曲した同年の2月2日に母が76歳で世を去ったため、母を追悼する気持ちが込められているとされており、ドイツの古いコラール「愛する神の導きにまかすもの」が用いられています。


 リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

最初はヴァイオリンによる静かな旋律ではじまりますが、それに続いて有名な「その名はティル・オイレンシュピーゲル」という主題がホルンで登場し、物語が始まります。シュトラウスの管弦楽法全てが巧妙に生かされた傑作です。


ホルスト:組曲「惑星」より”木星”

組曲「惑星」は近代管弦楽曲の中で最も人気のある曲の1つですが、特殊楽器が多く使用されていることや女声合唱が入ることなどから、全曲を通しての演奏の機会はあまり多くはありません。しかし、第4曲「木星」は2003年、平原綾香が「Jupiter」としてリリースしヒットし、多くの人に知られるようになりました。


ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ「狩り」

この曲は、ギャロップと呼ばれる疾走感のある曲で、演奏時間も2分少々なのでアッと言う間に終わってしまう感じです。また、ホルンとトランペットによる狩りの合図が鳴り、鞭の音や鉄砲の音まで加わるという爽快な速いポルカですので、日本では運動会にもよく使われます。


ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ

ラヴェルが1899年に作曲したピアノ曲。翌年1910年にラヴェル自身が管弦楽曲に編曲している。ラヴェルの初期を代表する傑作であり代表曲の1つ。


リヒャルト・シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」

リヒャルト・シュトラウスは多くの交響詩を作曲し、交響詩とオペラの作曲家として知られています。この曲は演奏のためには105名から成る4管編成のオーケストラが必要となります。また、技術的にもオーケストラにとって演奏困難な曲の一つに数えられています。


ウェーバー:狩人の合唱

「狩人の合唱」はクラシックコンサートなどで独立して演奏されることが多い曲です。歌劇「魔弾の射手」の第3幕の男声合唱ですが、この男声合唱の伴奏になくてはならないのがホルンアンサンブルです。




 

コメントは受け付けていません。