モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第14番 イ短調 K.457

モーツァルトは18曲の美しく優れたピアノ・ソナタを作曲しましたが、モーツァルトのピアノ・ソナタ作品の中では珍しく短調で書かれています。

モーツァルトが作曲した短調のピアノ・ソナタは「ピアノ・ソナタ第8番イ短調 K.310」とこの作品のみであり、モーツァルトのピアノソナタの中で最も激しく劇的な作品です。

この曲は1784年にウイーンで作曲され1785年に幻想曲ハ短調と共に出版されました。そのため、この2曲は現在でもセットとして扱われる事が多く、続けて演奏するピアニストも多いようです。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第14番 イ短調 K.457

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
モーツァルト:ピアノソナタ第14番~第17番、他







コメントは受け付けていません。