D.スカルラッティの名曲ベスト

ドメニコ・スカルラッティ
Domenico Scarlatti(1685年- 1757年)
スカルラッティ

ソナタ ニ短調 K.1(L.366)

ドメニコ・スカルラッティはJ.S.バッハ、ヘンデルと同じ年に生まれたイタリアの作曲家です。500曲以上の鍵盤楽器用の(当時はチェンバロ、またはフォルテピアノ向け)「ソナタ」を作曲しました。このソナタK.1(L.366)はNHK「ピアノのおけいこ」のテキストにもなっていました。


ソナタ ニ短調 K.9 (L.413)

ドメニコ・スカルラッティはJ.S.バッハ、ヘンデルと同じ年に生まれたイタリアの作曲家です。ソナタ K.9 (L.413)は「パストラール」の愛称を持つ、スカルラッティのソナタの中でも最も有名な曲の一つです。


ソナタ ニ短調 K.141(L.422)

ドメニコ・スカルラッティはJ.S.バッハ、ヘンデルと同じ年に生まれたイタリアの作曲家です。ソナタ K.141(L.422)は「トッカータ」の愛称を持ち、同音連打の印象的な激しい曲で、スカルラッティのソナタの中でも最も有名な曲の一つです。


ソナタ ハ長調 K.159(L.104)

ドメニコ・スカルラッティはJ.S.バッハ、ヘンデルと同じ年に生まれたイタリアの作曲家です。ソナタ K.159(L.104)は2本の狩猟ホルンを模したようなメロディが心地よく響きわたります。この曲はNHK「ピアノのおけいこ」のテキストにもなっていました。スカルラッティの入門に適したソナタです。


ソナタ ホ長調 K.380(L.23)

ドメニコ・スカルラッティはJ.S.バッハ、ヘンデルと同じ年に生まれたイタリアの作曲家です。ソナタK.380(L.23)は小太鼓と笛を模倣したようなメロディで始まる活発なソナタで、スカルラッティのソナタのなかでも特に有名な曲の一つで、演奏会でもよく演奏されます。







コメントは受け付けていません。