J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582

パッサカリアとフーガ ハ短調BWV582は、バッハが1710年頃に作曲したオルガン曲で、バッハのオルガン曲の中でも重厚かつ壮大なオルガン曲の傑作として知られています。

パッサカリアとは、バロック時代特有の変奏曲形式で、スペイン語の pasear (歩く)と calle (通り)に由来しています。

曲は、ペダルの低音で始まる8小節の主題が20回の変奏が繰り返されます。さらに同じ主題のフーガが展開され、力強い高揚を迎えて曲が閉じられます。

オットリーノ・レスピーギとレオポルド・ストコフスキーによって管弦楽用の編曲がされています。

J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582

J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582(管弦楽版)


😀 オススメCD
トッカータとフーガ/バッハ:オルガン名曲集


😯 関連リンク
オルガンの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。