J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548

前奏曲とフーガ ホ短調BWV548は、バッハが作曲したオルガン曲。ライプツィヒ時代にかけて作曲されたオルガン曲で、バッハの後期における最もすぐれたオルガン曲の一つと言われています。

その曲想の重厚で雄大さから「2楽章のオルガン交響曲」とも言われる大曲です。また、フーガ部分は、主音を軸として音程が上下に広がっていくのが楔(くさび)のようだということから、「楔(くさび)」というニックネームがつけられています。

フランツ・リスト、マックス・レーガー、サムイル・フェインベルクによってピアノ用に編曲されています。

J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548


😀 オススメCD
トッカータとフーガ~バッハ:オルガン名曲集


😯 関連リンク
オルガンの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。