J.S.バッハ:幻想曲(前奏曲)とフーガ ト短調 BWV542

幻想曲(前奏曲)とフーガ ト短調BWV542は、バッハが作曲したオルガン曲。「前奏曲とフーガ ホ短調」や「パッサカリアとフーガ ハ短調」と並んでバッハのオルガン曲を代表する最大傑作のひとつです。

「小フーガ ト短調 BWV578」と同じ調性のフーガなので、「小フーガ」対して、両者を区別して「大フーガ」と呼ばれています。幻想曲(前奏曲)はケーテン時代に、フーガはワイマール時代に作られたものですが、この2つをあわせて1つの作品になっています。

幻想曲(前奏曲)の雄大で深い感情に満ちた出だしは特に有名で、ストコフスキーがこれをオーケストラに編曲して広く知られるようになりました。

J.S.バッハ:幻想曲(前奏曲)とフーガ ト短調 BWV542


😀 オススメCD
トッカータとフーガ~バッハ・オルガン名曲集


😯 関連リンク
オルガンの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。