シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129

チェロ協奏曲 イ短調 作品129は、ロベルト・シューマンの1850年の作品です。ドヴォルザーク、ハイドンのチェロ協奏曲と並んで「3大チェロ協奏曲」と呼ばれています。

全曲に渡りロマンティックな憂愁をたたえていますが、チェロにとっては高音域が多く、しばしば重音が現れるなど技巧上の難曲となっています。3楽章で構成されていますが、全楽章は切れ目なく演奏されます。

1850年にシューマン自身によってヴァイオリン協奏曲に編曲され、「ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品129」とも呼ばれています。

シューマン:チェロ協奏曲 イ短調

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら
シューマン : チェロ協奏曲 イ短調 Op.129/ペータース社/ピアノ伴奏付ソロ楽譜


😀 オススメCD
シューマン:チェロ協奏曲


😯 関連リンク
チェロの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。