ハイドン:チェロ協奏曲 第2番 ニ長調

チェロ協奏第2番はハイドンの作曲の弟子で、チェロの名手としてエステルハージ侯の楽団で活躍していたアントン・クラフトのために書かれた作品です。ドヴォルザーク、シューマンの協奏曲とともに3大チェロ協奏曲の一つとして数えられています。

長い間、この曲はクラフトが作曲した作品とみなされていましたが、1954年に自筆譜が発見されてハイドンの真作であることが判明しています。

独奏パートが大変に高度な技法が取り込まれており、オーケストラも単なる伴奏ではなく、独奏チェロと華やかな対話を繰り広げます。

ハイドン:チェロ協奏曲 第2番

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら
ハイドン : チェロ協奏曲 第2番 ニ長調 Hob.VIIb/2/ヘンレ社/原典版/ピアノ伴奏付ソロ楽譜


😀 オススメCD
ハイドン:チェロ協奏曲第2番 モン:チェロ協奏曲


😯 関連リンク
チェロの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。