ボッケリーニ:チェロ協奏曲 第9番 変ロ長調

ルイジ・ボッケリーニは、イタリアの作曲家、チェロ奏者。同時代のハイドン、モーツァルトの影に隠れた存在ですが、チェロ演奏家としても高名で、チェロ作品も多く残しています。代表作の弦楽五重奏曲ホ長調の第3楽章は「ボッケリーニのメヌエット」として大変に有名です。

ボッケリーニは10曲以上のチェロ協奏曲を残していますが、このチェロ協奏曲第9番 変ロ長調 G.482は、19世紀後半のドイツのチェロ奏者、フリードリヒ・グリュッツマッハーが巧みな編曲を行い、広く知られるようになりました。これは「グリュッツマッハー編」と併記され、ボッケリーニの作品の中で最も多く演奏される作品となっています。

ボッケリーニ:チェロ協奏曲 第9番

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら
ボッケリーニ : チェロ協奏曲 変ロ長調/ブライトコップ & ヘルテル社/ピアノ伴奏付ソロ楽譜


😀 オススメCD
ボッケリーニ:チェロ協奏曲第9番 – 第12番


😯 関連リンク
チェロの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。