ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 作品3

ショパンのチェロとピアノのための曲です。ピアノの詩人としてあまりにも有名なショパンですが、極めて少数ですが室内楽のための作品も残しました。

ショパンの室内楽作品は4曲だけですが、4つのうち3つがチェロとピアノのための作品で、ピアノの詩人ショパンがチェロも好んでいたことがうかがえます。

ピアノに重点が置かれてはいますが、情熱的で激しい感情の吐露がチェロで表現されているショパンのソナタです。ショパン自身が「貴婦人向きの華やかなサロン音楽」と言っています。

ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら
ショパン : チェロ・ソナタ Op.65 、華麗なるポロネーズ Op.3/ペータース社/ピアノ伴奏付ソロ楽譜


😀 オススメCD
ショパン:チェロ・ソナタ、序奏と華麗なるポロネーズ/シューマン:アダージョとアレグロ


😯 関連リンク
チェロの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。