カサド:愛の言葉

ガスパール・カサドは20世紀スペインを代表するチェリストの一人です。作曲家としても活動し、協奏曲や室内楽曲などを残しています。1920年に作曲された、このチェロとピアノのための小品「愛の言葉」はカサドの代表作です。

「愛の言葉」はカサドのチェロの師であるカザルスへ捧げられ、「親愛なるカザルス先生へ」と書かれていることからこの題名で呼ばれています。

特徴的なピアノの序奏に続いて、明るい雰囲気の旋律で始まるスペイン風の情熱的な曲です。5分ほどの短い曲ですが、師への愛情が感じられます。

カサド:愛の言葉

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら
カサド: 愛の言葉/ショット社/ピアノ伴奏付チェロ・ソロ楽譜


😀 オススメCD
愛の言葉 ベスト・セレクション


😯 関連リンク
チェロの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。