マーラー:交響曲第5番より”第1楽章”

交響曲第5番嬰ハ短調は、グスタフ・マーラーが1902年に完成した5番目の交響曲です。1970年代後半から起こったマーラー・ブーム以降、マーラーの交響曲のなかで最も人気が高い作品となっています。

この交響曲第5番はマーラーの交響曲の中でも比較的明快で親しみやく聴き映えがするマーラーの音楽の代名詞的存在ともなっています。

「第1楽章」は葬送行進曲で、トランペット1本のみで始まる不吉なファンファーレが、重々しい葬送行進曲の開始を告げます。「第1楽章」にはトランペットのファンファーレが3度現れ、最後にトランペットと大太鼓が残って静かに終わります。

マーラー:交響曲第5番より”第1楽章”

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
マーラー:交響曲第5番


😯 関連リンク
トランペットの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。