ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より”プロムナード”

組曲「展覧会の絵」はムソルグスキーが1874年に作曲したピアノ組曲です。その後1922年、ラヴェルが管弦楽へと編曲をし、その華麗な管弦楽のアレンジによって一挙にムソルグスキーの「展覧会の絵」は世界的に有名になりました。

「展覧会の絵」はムソルグスキーが友人の遺作展を歩きながら、そこで見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたものです。ムソルグスキーの作品の中でももっとも知られた作品の一つです。

「プロムナード」は、絵と絵の間を歩く様子を書いています。5拍子と6拍子が交替する独特のリズムで、出だしはトランペットのソロの見せ場となっており、その後、いろいろな楽器が入れ替わり立ち代わり出てきます。

組曲「展覧会の絵」より”プロムナード”

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
ムソルグスキー:展覧会の絵


😯 関連リンク
トランペットの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。