ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番 ヘ短調

ブラームスは自分の創作力に限界を感じていた1891年、マイニンゲン宮廷楽団のクラリネット奏者であったリヒャルト・ミュールフェルトに出会いました。ミュールフェルトはクラリネットの特徴とテクニックを完璧な形にまで完成させ、クラリネット演奏に革命的な進歩をもたらしたといわれています。

そのほの暗く甘美なクラリネットの音色は、ブラームスを虜にし、たちまち創作力を回復しました。そしてクラリネットのための珠玉のような作品が生みだされました。

ブラームスのクラリネット・ソナタは情熱的な第1番ヘ短調と、安らいだ表情の第2番変ホ長調という対照的な2曲になっています。両曲とも晩年のブラームスの孤高の心境と諦観の境地を示しており、枯淡の味わいをもった作品です。

のちに作曲者自身によってヴィオラ用に編曲され、今日では、クラリネット版、ヴィオラ版ともによく演奏されています。

ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番&第2番


😯 関連リンク
クラリネットの名曲ベスト






コメントは受け付けていません。